NEWS

シングルマザーや風俗のお仕事に関する様々なNEWSを発信していきます。参考にしてください。

風俗関連ニュース [2018-07-13]

大阪府の大学生が五反田でデリヘルの従業員とトラブルになり、暴行を加えたうえで現金を奪ったとの容疑で逮捕されました。 この容疑者は就職活動のために上京していたとのことですが、就活どころの騒ぎではありませんね。しかもこの脱線男の父親は、現職の大阪府議だというから驚きです。容疑者の父親は、東大阪市議会を4期務めた後に平成27年の大阪府議会で当選した、長年実績のある議員のようです。きっと地元では大騒ぎになっていることでしょう。これでは次回の選挙はどうなることやらですね。逮捕容疑の詳細は、デリヘル嬢を五…

ソープランドのお仕事について①

ソープランドのお仕事についてレポートしていきます。初回はソープランドの名称の由来と、店舗があるエリアなどについて記します。(写真はイメージです。) ソープランドは元々個室特殊浴場、個室サウナ等と呼ばれ、浴槽やベッドを設置した個室で男性客に女性キャストがサービスを行う業態になっています。以前はトルコ風呂と呼ばれていましたが、1984年にトルコ人留学生の方が当時の厚生省に名称変更を訴え社会問題化し、東京都特殊浴場協会が新たな名称を公募、「ソープランド」と改称された経緯があります。当時はトルコと言え…

風俗関連ニュース [2018-06-27]

今週報道された風俗がらみの事件をご紹介します。 茨城県警は長崎市の派遣型風俗店経営者を、営利目的誘拐の容疑で逮捕しました。この容疑者は、茨城県内の16歳の少女をSNSを通じて「アロママッサージで1日数万円稼げる」と騙し、長崎市まで誘拐した疑いをかけられています。実際はアロママッサージではなく、自身が経営する長崎市内の派遣型風俗店で働かせていたようです。騙された少女が母親に助けてほしいと電話で連絡、母親が茨城県警に通報し発覚しました。少女は茨城県警の指示で現地で110番をして、長崎県警に無事保護…
サッカー競技場イメージ画像

シングルマザーに育てられたブラジルの神童

ロシアで2018 FIFAワールドカップが開催されています。(写真はイメージです。) 優勝候補国ブラジルのFWガブリエル・ジェズスは、神童とまで呼ばれる21歳の若きストライカーです。17歳でサンパウロのパルメイラスでプロデビューし活躍した後、2017年1月にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティに移籍しました。移籍金は34億円、年棒は7億9000万円と言われています。日本では考えられないような金額を、まだ幼さを感じる童顔の青年が稼いでいるのです。本当にすごい世界ですね。 サ…

派遣型風俗店はリスクが高い・・・

先日群馬県の伊勢崎市のラブホテルで、デリヘル嬢がお客に暴行される事件が発生しました。 幸い女性は軽症で済み、46歳無職の男性は伊勢崎署に逮捕されました。本番を断られ逆上したようです。とんでもないやつですね。最近本当に頭のおかしい輩が増えています。幼女の虐待やら、新幹線の殺傷事件やら、理解できない悲しい事件が多発しています。物騒な世の中になったものです。 伊勢崎市のデリヘル嬢のニュースは、お客と女性が二人きりになる派遣型風俗店ならではの事件でもあります。昨年有名タレントの息子が、池袋のデリ…

幼児教育・保育無償化が2019年10月から実施

政府は2019年10月から前倒しして、3歳~5歳児と低所得世帯の0歳~2歳児の幼児教育・保育の無償化を実施する方針とのことです。 その内容は、以下のようになっています。 【認可保育サービスや幼稚園、認定こども園の利用について】 低所得世帯(住民税非課税世帯)の0~2歳児及び全世帯の3~5歳児の無償化 【認可外保育サービス】 3歳~5歳は上限37,000円、0歳~2歳の低所得世帯(住民税非課税世帯)は上限42,000円で補助 幼稚園や保育園などだけでは無く、認可外保育施設(…

世の中捨てたもんじゃない~無料食堂や子ども食堂のこと

先月ニュースなどで報道された奈良県の「まるかつ無料食堂」 既にご存知の方が多いかと思いますが、事情がありお子さんに十分な食事を与えられない方などに、店長がご馳走してくれるというサービスが話題になりました。代金は出世払いもしくは忘れてもらっても構わないという大盤振る舞い。太っ腹な店長がいらっしゃるものですね。Twitterには3万件近い「いいね」が寄せられています。世知辛い世の中で、ほっこりされるニュースです。ほっこりされるだけではなく、これに救われている家族も多いことでしょう。 このサービス…

母子家庭で育った西武秋山選手が、ひとり親家庭の家族を招待して活躍

西武ライオンズ秋山選手は、5月13日の母の日にメットライフドームで行われたロッテ戦に、ひとり親家庭の親子19人を招待して、試合でも3安打を放つなど大活躍しました。(写真はイメージです。) これは母の日恒例の支援活動で、2015年から続けています。試合前には招待された母親たちにカーネーションを手渡したり、記念写真の撮影をするなど交流をされたそうです。 秋山選手自身も、小学校6年生の時に父を病気で亡くされていて、兄弟二人を含め女手ひとつで育ててくれた母親の順子さんを試合に招待していました。 …

お問い合わせはコチラ

ご質問や疑問などありましたら、お気軽に何でもお問い合わせ下さい。

  • お電話で問い合わせ
  • お電話で問い合わせ
  • 問い合わせフォーム
  • 問い合わせフォーム
  • LINE問い合わせ